車修理を保険利用で行う方法

保険会社に連絡しよう

>

自分が支払わなければいけない金額

数万円の自己負担額

5万円ほどの自己負担額が発生する、保険会社が多いです。
車を修理する合計金額が50万円だった場合、自己負担額が5万円なので45万円が保険会社から支給される形になります。
自己負担額が発生することを考えて、お金の用意を忘れないでください。
自己負担額は、保険会社によって異なります。
本当に事故に遭った時のことを考慮して、なるべく自己負担額が安い保険会社を利用するのもおすすめです。

しかし自己負担額が安い保険会社は、保険を適応できるパターンが少ないなどのデメリットがあります。
様々な条件を考えて、どこの保険会社を利用すればいいのか決定してください。
すぐ事故に遭っても安心できるよう、車を購入したらすぐ保険に加入しましょう。

発生しないケースも見られる

かなり大きな事故で、車が全壊している時は自己負担額が発生しないことがあります。
保険会社に写真を見せて、自己負担額が発生するのか見極めてもらいましょう。
さらに車同士の衝突事故で、相手が100パーセント悪いと認められた場合も自己負担額が発生しません。
100パーセント相手が悪い事故とは、具体的に言うと向こうが赤信号なのに交差点に進入してきた場合や、一方通行の道を逆走してきた車に衝突した場合です。

基本的に相手が交通ルールを破ったことが原因で事故が起こった場合は、自己負担額が発生しないと覚えておきましょう。
世の中には、少数ですが交通ルールを守らないで運転する人も見られます。
自分が注意して運転しているだけではダメです。


この記事をシェアする
TOPへもどる