車修理を保険利用で行う方法

保険会社に連絡しよう

>

何が必要なのか知ろう

書類の内容を調べておこう

まず、保険金請求書という書類が必要になります。
こちらは、保険会社か渡される書類になります。
必要事項を記入して、提出してください。
修理見積書は、車の修理をしてくれた業者から渡されます。
さらに保険を受け取るためには、事故証明書を提出しなければいけません。
事故に遭ったことを証明できなければ、本当に事故に遭っていたとしても、保険が下りないので注意してください。

最低でもこの3種類の書類は、必ず用意してください。
初めて事故に遭った人は、書類の書き方などもわからないと思います。
しかし保険金請求書は、保険会社から事前に書き方の詳しい説明を聞くことができます。
内容もそれほど難しいものではないので、すぐに書けるでしょう。

事故の写真が必要になる

事故に遭ったことを証明するために。写真が必要になります。
修理する前の写真を撮ってください。
綺麗に直った後の写真では、事故に遭った証明になりません。
写真があれば、信頼性が高くなります。
悪い人は、事故に遭っていなくても書類などを偽装して、保険金を請求します。
そのように被害を防ぐために、事故車両の写真を提出する決まりになっている保険会社が多いです。

最初に連絡した時に、車の状態を写真に撮ってほしいと指示を受けるはずです。
修理する前に、忘れずに撮影しておきましょう。
車が壊れていることを確認できれば良いので、撮影技術に自信がない人でも大丈夫だと思います。
1枚だけでは不安なので、何枚か撮影しておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへもどる