車修理を保険利用で行う方法

保険会社に連絡しよう

>

事故に遭っても安心できる

大まかな流れをチェック

車の事故が起こったら、警察に連絡をしてください。
それから、保険会社に連絡をしましょう。
しかしその段階では、まだ保険を受け取ることはできません。
次に、修理をしてくれる業者に連絡をします。
車の状態を確認してもらい。どのくらいの費用が発生するか見積もりを出してもらいましょう。

見積もりが出たら、保険会社に書類を提出してください。
その後は業者に修理を任せます。
その間に保険が支払われるので、受け取ったお金をそのまま業者に渡しましょう。
このような流れになるケースが多いです。
連絡する順番を間違えないよう、落ち着いて対応してください。
この中で特に、業者から渡される見積もり書が大事になります。
失くさないように保管しましょう。

どんなケースに保険が支払われるのか

自分では保険が適応されないと思っても、実は適応できることがあります。
その場合は利用しなければもったいないので、どんな時に保険が下りるのか事前に調べておきましょう。
車同士が接触して破損した時は、もちろん保険を適応できます。
さらに電柱やガードレールにぶつかった場合など、単身の事故でも保険が支払われるケースが多いです。

さらに自宅の車庫に車を入れようとした時に、ぶつかって破損することがあります。
そのような時でも、適応できる保険もあります。
適応できるパターンが多い保険に加入することをおすすめします。
すると急に事故が起こっても、修理代を支払えないという事態を回避できるでしょう。
保険をうまく活用してください。


この記事をシェアする
TOPへもどる