車修理を保険利用で行う方法

保険会社に連絡しよう

事故に遭っても安心できる

気をつけていても、車の事故が起こる可能性があります。 その際は、どこに連絡すれば良いのか知っておきましょう。 せっかく保険に加入しているのに、連絡を忘れるとお金をもらえなくなってしまいます。 いろんな保険会社がありますが、申請する際の手順は大体みんな同じです。

流れを把握しておこう

保険を受け取る際の、流れが大体決まっています。
突然事故に遭うとパニックになって、どこに連絡すれば良いのかわからなくなってしまうかもしれません。
前もって保険を請求する際の、流れを知っておきましょう。
修理をしてくれる業者にも連絡しなければいけないので意外と忙しいです。
どのタイミングでどこに連絡すれば良いんか、きちんと理解しておきましょう。
高額な修理費用が掛かった場合でも、保険を適応できるなら大丈夫です。

口頭で車を修理したから保険を適応させたいと言ってもダメです。
本当に修理したという証拠を見せなければいけません。
書類を用意することを、忘れないでください。
保険会社によって、どんな書類が必要か変わります。
事前に、必要な書類を調べておきましょう。
修理してくれた業者から渡された書類を、保険会社に見せなければいけない場合もあります。
業者からもらった書類は、失くさないで保管しておきましょう。

保険が適応される場合でも、自己負担額が発生することが多いです。
少しは自分で代金を支払わなければいけないので、自己負担額がどのくらいなのか調べて準備してください。
事故のレベルや、車の破損状態に応じて事故負担額がなくなることもあります。
その時と場合によって異なるので、柔軟に対応しましょう。
自己負担額が発生しても、修理費用を全て自分が支払う時より遥かに安い価格で済みます。
何が起こるかわからないので、必ず加入しておきましょう。

何が必要なのか知ろう

書類を用意しなければ、保険を受け取ることができません。 保険会社によって、細かい書類の種類が変わります。 しかしどこの保険会社でも必要になる書類もあるので、それを把握しておきましょう。 事前に知っていれば、万が一事故に遭ったとしてもすぐに用意できます。

自分が支払わなければいけない金額

保険が全額適応される場合と、自己負担額が発生する場合があります。 事故の度合いによって、どちらになるか変わります。 自己負担額が発生する際は、どのくらい支払えば良いのか聞いてください。 全額を支払ってもらえるから大丈夫だと、油断してはいけません。

TOPへもどる